国民所得倍増計画資料 経済審議会議事録 第17巻 - 総合研究開発機構

経済審議会議事録 総合研究開発機構 国民所得倍増計画資料

Add: zicode47 - Date: 2020-12-17 08:55:22 - Views: 157 - Clicks: 3456

Viii 2 経済審議会 国民所得倍増計画 314; viii 2 経済審議会 人的能力政策に関する答申 322; viii 2 経済審議会 国民所得倍増計画中間検討報告 346; viii 2 経済審議会 中期経済計画 355; viii 3 経済社会計画 365; viii 3 社会開発懇談会 社会開発懇談会中間報告 365; viii 3. 10 形態: 1 オンラインリソース 著者名: 総合研究開発機構戦後経済政策資料研究会 シリーズ名: 国民所得倍増計画資料 / 総合研究開発機構(nira)戦後経済政策資料研究会編 ; 第23巻 書誌id: nbisbn:. 総合部会||ソウゴウ ブカイ 書誌id: baisbn:. See full list on weblio.

国民所得倍増計画中間検討報告: 経済審議会: 経済審議会: 1963: 和雑誌室b: ncid:bn04868267請求記号:3143-01: 物価・所得・生産性委員会報告: 経済審議会 物価・所得・生産性委員会: 経済審議会: 1972: 和雑誌室b: ncid:bn1041944x請求記号:3143-02: 鉱業保安情報: 鉱業労働. 国民所得倍増計画資料 (全90巻+別巻1) 総合研究開発機構戦後経済政策資料研究会 編 研究会代表 林 健久 (地方財政審議会会長,東京大学名誉教授) 日本の高度経済成長を基盤となる「国民所得倍増計画(1960年昭和35年策定)」、先駆けて策定. 60年安保は、大衆、世論を街頭に可視化し、そのイメージはテレビというメディア (媒体)によって瀰漫した。岸内閣による安保改定の強行とその後の党内抗争は、自民党に対する国民の大きなイメージダウンをもたらしていた。このような状況で表舞台に登場した池田にとって「マスメディア対策」が重要な課題となった。首相就任当時、60年安保の盛り上がりを受けて、野党は上げ潮ムードの中での「安保解散」を狙い、早期の解散を要求した。しかし池田は「安保の悪夢」を断ち切るためにこれに応じず、総選挙までの4ヶ月間、「国民所得倍増計画」という経済政策面での新しさによって「新政権の魅力」を印象づけようとした。これは後に「政治の季節」から「経済の季節」へ、「チェンジ・オブ・ペース」などと呼ばれた。 「所得倍増計画」は組閣直後はまだ正式発表できる段階ではなかったため、臨時国会で野党の所信表明演説の要求を回避した。各省と自民党の政策決定プロセスを経て発表するまでの1か月半は、池田個人のイメージ戦略に費やされた。池田は過去の度重なる失言癖で、国民は勿論、政財界、マスメディアからも「高圧的な荒武者」「嫌なヤツ」という印象が広. 165-246: 19cm : 1429: 戦後の国民所得 ーその水準と構成ー (国民所得解説資料 第1号) 東京 経済審議庁調査部国民所得課: 昭和28: 117p: 21cm : 1430: 日本経済と国民所得 ー昭和5年ー27年国民所得と国民経済計算ー. 国民所得倍増計画 東京 経済審議会: 昭和35: p. 場所 共用特別第二会議室(407号室). 経済審議会議事録 総合研究開発機構(NIRA)戦後経済政策資料研究会編 (国民所得倍増計画資料 / 総合研究開発機構(NIRA)戦後経済政策資料研究会編, 第16-18巻) 日本経済評論社, 1999.

10 形態: xiii, 665p ; 27cm 著者名: 総合研究開発機構戦後経済政策資料研究会 シリーズ名: 国民所得倍増計画資料 / 総合研究開発機構(NIRA)戦後経済政策資料研究会編 ; 第11巻 書誌ID: BAISBN:. 第67巻 『電源開発関連資料(2)』の収録資料; 第30回電源開発調整審議会議題 35年12月16日 1; 電源開発基本計画変更案(昭和35年度) a 12月14日 2; 電力長期計画(案)(昭和35年度〜42年度) b 12月14日 52. 10)総合研究開発機構戦後経済政策資料研究会編()『国民所得倍増計画資料 第26巻 小委員会審議経過・部会資料 産業立地小委員会』,日本経済評論社 11)長谷川義明(1961)「広域都市建設の構想」,『新都市』,15巻12号,p. 全国総合開発計画における拠点開発構想に関する研究 佐野 浩祥 都市計画論文集 = Papers on city planning 47(3), 403-408,. 国民所得倍増計画資料(第17巻) - 総合研究開発機構 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 東京 : 日本経済評論社,. 12 形態: xii, 794p ; 27cm 著者名: 総合研究開発機構戦後経済政策資料研究会 シリーズ名: 国民所得倍増計画資料 / 総合研究開発機構(NIRA)戦後経済政策資料研究会編 ; 第15巻 書誌ID: BA4464260X ISBN:.

エネルギー・電源開発: 第68巻: 経済審議会編『国民所得倍増計画中間検討報告』 第69,70巻,第71巻: アフターケア後期に関わる資料、分科会の決定まで: 第72,73巻: アフターケア後期 総合部会 総括分科会: 第74,75巻: アフターケア後期 総合部会 国民生活分科会. 日時 平成11年3月5日(金) 10:00~12:00. アフターケア後期||アフターケア コウキ.

【tsutaya オンラインショッピング】国民所得倍増計画資料 経済審議会議事録 第17巻/総合研究開発機構 tポイントが使える. 8161 経済審議会長期経済展望部会編 『日本経済の長期展望』 大蔵省印刷局発行 1960 4,000円 函有、良好 8162 国民所得倍増計画資料 『経済計画資料』第12号 1961 2,000円 ガリ版刷、製本、ほぼ良好. 東京 国民経済研究協会: 昭和26: 1冊: 25cm : 2210: 新経済政策の問題点 第2部 (新政策研究会 資料ノ2) 東京 国民経済研究協会: 昭和29: 108p: 25cm : 2211: 地域開発と消費 ー秋田市の消費実態調査よりー (研究資料 11) 東京 国民生活研究協会: 昭和36: 299p: 25cm : 2212: EEC. (59) 「電源開発調整審議会第二六回議事録」一九五九年四月二七日 (総合研究開発機構 nira 戦後経済政策資料研究会編『国民所得倍増計画資料』第六六巻、日本経済評論社、二〇〇一年、三〇三-三〇四頁) 。.

「経済自立5 ヵ年計画」 の成立 (ー) 報社ー999年)。2)有沢広巳監修中村隆英編『資料ー戦後日本の経済政策構想』第3巻「経済吉田は経済計画の立案を担当していた経済安定本部を経済審議庁に格下げ. 12 形態: xii, 513p ; 27cm 著者名: 総合研究開発機構戦後経済政策資料研究会 シリーズ名: 国民所得倍増計画資料 国民所得倍増計画資料 経済審議会議事録 第17巻 - 総合研究開発機構 / 総合研究開発機構(NIRA)戦後経済政策資料研究会編 ; 第14巻 書誌ID: BAISBN:. 国民所得倍増計画 フォーマット: 図書 責任表示: 経済企画庁編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 大蔵省印刷局, 1961. 国民所得倍増計画資料 (全90巻+別巻1) 総合研究開発機構戦後経済政策資料研究会編 研究会代表 林 健久 (地方財政審議会会長,東京大学名誉教授) 日本の高度経済成長を基盤となる「国民所得倍増計画(1960年昭和35年策定)」、先駆けて策定. 国民所得倍増計画は1957年に岸内閣のもとで策定された「新長期経済計画」に代わり、1960年12月27日に池田内閣において閣議決定された。岸内閣の安保政策重視から一転、経済政策を前面に押し出す格好となった。 日米安全保障条約(いわゆる新安保)の締結により日本は国土の防衛をアメリカに一任できるようになったため、高コストかつ非生産的な軍事費(防衛費)を最小限に抑え、民生向上を中心とした経済政策に優先的に配分できるようになった。国民所得倍増計画の目的は輸出増進による外貨獲得を主要な手段として国民所得(国民総生産)を倍増させ、これによって雇用を拡大し失業問題を解決する(完全雇用を目指す)ことで生活水準を引上げることにある。またこの過程で地域間・産業間における所得格差の是正もその目的とされている。具体的には農業近代化、中小企業の近代化、経済的な後進地域の開発(工業の分散)である。 これらは特に目新しい政策というわけではない。岸内閣の「新長期経済計画」において既に国民総生産と経済成長率という概念を用いており、さらに完全雇用についても言及されている。ただ、岸政権が経済成長よりは政治大国としての. 国民所得倍増計画が閣議決定される: 平11総02714: 国民所得倍増計画について: 昭和36(1961) 6: 農業基本法が制定される: 昭59農水00001: 農業基本法案に関する閣議請議について: 昭和37(1962) 10: 全国総合開発計画が閣議決定される: 平11総02152: 全国総合開発計画. 【tsutaya オンラインショッピング】国民所得倍増計画資料 経済審議会議事録 第16巻/総合研究開発機構 tポイントが使える.

国民所得倍増計画資料第19巻(計量部会資料) フォーマット: 電子ブック 言語: 日本語 出版情報: 日本経済評論社, isbn:x. 経済審議会 -所得倍増計画(2)- 経済企画庁: 昭和38年 3袋: 219-1~4: 経済審議会 -所得倍増計画(1)- 経済企画庁: 昭和35年 4袋: 220-1~2: 経済審議会 昭和39年分資料 (「中期経済計画」など) 経済企画庁 昭和39年 2袋: 221: 経済審議会 昭和44年分資料. ロシアの総合的安全保障環境に関する研究-東アジア地域における諸問題 年3月発行 ロシアと東アジア地域に関し、伝統的安全保障、経済安全保障、領土問題、非伝統的安全保障に焦点を当て、各項目別にロシア人と非ロシア人の論文を対をなす形で収録. 総合研究開発機構戦後経済政策資料研究会 シリーズ名: 国民所得倍増計画資料 / 総合研究開発機構(nira)戦後経済政策資料研究会編 ; 第88-89巻. 1961年7月18日、日本の防衛政策の結節点とされる五年計画の第2次防衛力整備計画(二次防)を国防会議及び閣議決定。旧式航空機、兵器等の更新とミサイル導入など、装備近代化を自衛隊の強化を目標とした。 このうち航空自衛隊部門最大の目玉である自動警戒管制組織(バッジ・システム)の導入と、バッジ・システムに連動する、ナイキ・エイジャックス、ホークなどの地対空ミサイル200億円の完備を巡り、防衛庁の河野王国(河野一郎-海原治-伊藤忠による防衛庁支配)のもと、激しい商戦と工作合戦が繰り広げられ、数々の黒い疑惑を生んだ。伊藤忠商事の瀬島龍三がこのバッジ商戦に逆転勝利を収め、急激に出世したことでも知られる。この計画によりソ連・中国・北朝鮮に対する防衛戦略が整備され、同時に、自主防衛体制整備とともに、従来はアメリカから供与されていた兵器を極力国産化することとし、計画進展に伴って、この時期から兵器産業も新時代を迎えた。 この他、1962年以降、防衛庁の広報予算が増やされ、それまで世論と民主勢力の反撃を恐れたマスメディアはあえて自衛隊関連を積極的に取り扱おうとしていなかったが、自衛隊が紹介番組や少年.

平成12年11月28日(火)14:00~15:35 経済企画庁特別会議室(436号室). 1960年の経済審議会による国民所得倍増計画と,国際的な経済発展に伴う教育計画の高まりを背景に1963年中教審三八 答申の審議が進められ,1967年の四六答申諮問後,1970年1月の「高等教育の改革に関する基本構想試案」において長期. 東京 : 日本経済評論社, 1999.

2 形態: 247p ; 26cm 著者名: 経済企画庁 書誌ID: BN04632883. 12 形態: 3冊 ; 27cm 著者名: 総合研究開発機構戦後経済政策資料研究会 シリーズ名: 国民所得倍増計画資料 / 総合研究開発機構(nira)戦後経済政策資料研究会編 ; 第16-18巻 書誌id: baisbn:. このピンチを凌ぎきると、国会を解散して選挙戦へ突入させた。1960年11月の総選挙で、池田はテレビのスポットCMに出演するという過去に例のない選挙戦術を使った。CMに登場する池田の「私はウソは申しません」は流行語になった。放送料金は現在の価格で約4億円かかったとされ、賛否両論が渦巻いたが気に懸けず、また遊説でも米の値段、年金や税金の水準など数字を語り続けた。「所得倍増」という分かりやすいスローガンは、国民に強い印象を与えた。 「所得倍増論」は、はじめは非現実な人気取りと見られ、野党、エコノミスト、マスコミ、一部与党内、また多くの国民の反応は冷ややかであった。しかし池田は「経済のことはこの池田にお任せいただきたい。10年で所得を倍にしてみせます」などと力説、全国遊説やテレビ政見放送などを通じて、「所得倍増論」は国民に期待を持って受け入れられてゆき、空前の"池田ブーム"が巻き起こった。 高坂正堯は「国民は政治家を評価するに当たって、いちいちその政策を専門的に分析したりしない。多くの場合、政策はあまりにも専門的で、そしてあまりにも難しい。国民が池田の言葉を信じたのは、池田がその政策に自.

「国民所得倍増計画」は「生産第一主義」「経済成長至上主義」「科学技術万能主義」などと呼称される「高度成長のパラダイム」の政策 綱領として以後10年の間、席巻を極めた 。それはこの後自民党長期政権下での開発政策の基礎となった 。. 9月5日に「所得倍増論」の骨子を公表、経済成長率目標を「年平均9%」に定める。7日午前9時から記者会見を官邸で行ったが、これはNHK、民放全局で生中継された。この会見で「憲法改正はいま考えていない」と発言。憲法改正を棚上げすることで国民の懸念を和らげることができた。午後からはテレビ朝日、KRテレビをはしごし、夜はNHKテレビに出演し政策を説明した。翌日は選挙遊説のスタートを「新政策発表会」と称して、共立講堂で行い、テレビ全局で生中継された。 発表会の後、池田らは全国遊説に出かけるが、これに第1次池田内閣で郵政大臣として初入閣した側近の鈴木善幸を同行させた。鈴木は「世論に対してテレビ・ラジオ等を通じていく上で、郵政大臣として私がお供した方がいいと判断した」と振り返っており、全国各地で演説のみならず電気メディアを通じた対策をとっていた。演説ではユーモアを交えながら具体的な数字を示し、自信がみなぎった態度で「所得倍増論」を説き続けた。池田が演説を始めると、最初は興醒めしていた聴衆の顔色が徐々に聞き入りはじめ、次第に期待を持って耳を傾けるようになったという。 総選挙が目前に迫った10月1.

国民所得倍増計画資料 経済審議会議事録 第17巻 - 総合研究開発機構

email: neryxa@gmail.com - phone:(316) 305-9660 x 6306

歴史哲学 - ヴォルテール - 安藤美紀夫 馬町のトキちゃん

-> 二十世紀をどう見るか - 野田宣雄
-> 第四世代の協同組合論 - 石見尚

国民所得倍増計画資料 経済審議会議事録 第17巻 - 総合研究開発機構 - 久保秀一 たんぽぽさいて


Sitemap 1

こもだきよし;外車ドラテク指南 - こもだきよし - 職業性疾病事例集 中央労働災害防止協会